「保険法規」カテゴリーアーカイブ

自転車放置 防犯カメラ

(当日のInstagram画像)

4月1日0時頃、若い男性が赤い自転車を当院の駐輪場へ

2日14時警察と防犯登録などを確認

盗難車の可能性が高いとのことで、張り紙設置

5日12時前に、乗り捨てたと思われる男性が自転車を回収に

全て、防犯カメラで抑えております!

※帽子やバッグなど、特徴も全て収めてデータとして残しております

当院はこのようなことを許している訳ではございません

もし、このページをご本人が読んでいて、二度と行わなければ

なかったことに致しますが・・・

二度三度と繰り返す場合には、法的処置も検討いたします

このような残念なことを繰り返さないようお願い申し上げます

防犯上の観点から、今回のことをご報告させて頂きます

※当院は4台の防犯カメラにて監視しております

 

つまだ整骨院 院長

LINE@公式アカウント

当院がLINE@公式アカウントとして認証されました

・1:1トークでお悩み相談

保険の事やお身体の症状の事、またはどんな治療をするのか?など

個々に違うお悩みを少しでも軽減して頂けたらと思っております

・タイムラインなどで最新情報のお知らせなど

研究し新しく開発した施術(治療)、季節や時期などで

多い症例の施術(治療)のご説明などを届けていきます

・急な休診のお知らせ

訃報や体調不良など、急を要する形でお休みを頂く際

メッセージとして個人個人に送らせて頂きます

 

多くの事でご利用頂けたら幸いです

友だち追加数

 

今後予約制を導入において

デジタル部門として

LINEからの予約を考えております

これを機に良いシステムになればと思っております

 

 

つまだ整骨院

神奈川県厚木市妻田西2-10-3

046-295-1541

 

・交通事故・ムチウチ(むち打ち)治療の専門施術のご相談を承っております。

・頭痛やめまいが伴うムチウチ(むち打ち)の改善は厚木唯一行える

骨幹神根整復術(クラニアル・頭蓋)で施術致します

・ギックリ腰年間300症例以上の実績

本厚木駅よりバスで10分

 

 

チェック結果(F)

 チェック結果(F)だった方へ

明らかな要因が思い当たらなくても「痛い」「しびれ」等の症状は出ます。

そのような時は、患者さん自身で自己判断をせずに、今の症状や

生活の中で痛い事困る事などを書いて頂きたいです。

 

 失礼な言い方かもしれませんが、「診断、判断」をするのは

国家資格取得者のみです。

 自己判断されてしまうと保険が使えません。

(ドラッグストアでご自身で買うときは保険ではないはずです。

医師からの処方箋があると保険適用です)

例えば

 ご自身で「坐骨神経痛」や「五十肩」という事や

「以前のムチウチが関係していると思う」

という事など病名をつけてしまう事もよくありません。

病名の中には、血液検査をしなければいけないもの、レントゲンや

MRIでしか判断出来ないものがあります。

その病名の疑いがあるのであれば、整骨院ではなく環境の整った

病院への診察が必要となります。

 

 また、情報が溢れ返っている時代です。

インターネットなどで症状を照らし合わせこの頭痛は、

首も痛いし肩凝りからくる「緊張性頭痛」だと決めて、

治療へも要求を出す事も認められません。

 

 症状に対しては間違いではないかもしれません。

ただ保険が使えるかどうかですと、保険適用外となります。

 

分からない事を考えて記入されるのではなく、ごくシンプルに書いて

頂ければ良いと思います。

例えば

・一昨日から、肩を動かすと痛みがあって、挙がらない。

・朝起きて、顔を洗おうとしたら、腰が痛かった。モモ裏にも痛みがある。

・昨日から首が痛くて回らない。以前ムチウチをした事がある。

・今朝から首から肩にかけて痛みがあり、頭痛もする。

 

 このように、『シンプル』に問診票に書いて頂けたら、

保険者にも伝わると思います。

 

チェック結果(G)

 チェック結果(G)だった方へ

 すべてが「はい」とお答えになった方は、おそらく明らかな

原因があり、お怪我をされていると思います。

 その状況をしっかりとお書き頂ければ、問題なく保険適用となります。

その際、場所や時間、何をしてる時に痛めたのかを覚えている

範囲でお書き頂き、現在どのような痛みがあるかも添えて頂けると

治療の参考になります。

 

 例えば

・自宅近くの道路で よろけて転倒した。

・朝 ベッドから 起き上がる時に首を痛めた。

・夕方 部屋で 掃除をしている時 重い物を持って腰を痛めた。

 

など、怪我の描写が浮かぶような事が望ましいです。

 

チェック結果(E)

 

 単なるとは何か?

「ただそれだけ」「他に何もないさま」という事。(辞書参照)

医療では、症状に付帯すると異常性はみられないという意味になります。

・肩凝り

肩が張っているだけでマッサージをして欲しい。

硬いからほぐして欲しい。

などは、単なる肩凝りとして扱われます。

 

 元々「肩凝り」というのは、夏目漱石が使用した造語で、

肩の症状を文学的に表現したものです。

 現在、日本ではよく使われていますが、海外では「肩凝り」という

概念がありません。

日本特有の訴えの言葉となりますので、異常ではない症状は

保険適用外となります。

・腰痛

 重い、だるい、疲れ(いわゆる筋肉痛)だけでは保険の請求は

出来ないです。

特に、疲れ(筋肉痛)は誰もが正常、日常的に起こる可能性が

あるからです。

つまり「その症状は異常ではない」とされてしまうのです。

 

 保険者からは、下記のような事が健康保険適用外と発表されています。

「病気や怪我とみなされないもの」

「交通事故、労災適用が望ましいもの」

「第三者行為や医療従事者、保険者の指示に従わない者」

上記のような時は健康保険適用ではなく、全額自己負担となります。

 

 国家資格取得者が異常ではないと判断する症状では、

健康保険は使えません。

 

 では、どこで異常かと判断するか?

多くは運動学の視点から診ます。

平均の関節の可動域が不具合なく動くかが1番問題です。

その可動域の中で痛みがあったり、可動域が出なかったりすれば

異常の疑いがあります。

 

 問診票には、日常やっていた事が出来ない事を実例に出して

頂けると判断しやすいのが事実です。

例えば

「洋服を着る時に痛みがある」

「靴下が履く時にかがむ事が出来ない」

「洗面時に痛みがある」などです。

「重い」「だるい」のような感覚的な訴えは治療の参考になるのですが、

保険請求審査では重視されません。

それは、他覚症状として判断が出来にくい物だからです。

 

 医師と違い精密検査が出来ない整骨院・接骨院の請求には

発生機序(痛みの状態や出現の仕方)が必要なのです。

ご自身の症状が「単なる肩こり」「単なる腰痛」ではない方は、

チェックシートにお戻り下さい。

 

 もし、「癒し」「慰安」を求めるのであれば、当院では保険外で

対応させて頂きますが「治し」を中心に考えられている治療の為、

お望みの治療ではないかもしれません。

ご了承下さい。

 

 

保険外(自由診療)の料金