健康保険料金算定方法の法規

健康保険適用の場合

初診料 1200円 2回目以降 550円 (負担金3割の方)

※法律的な説明

1)第5その他の施術料の4その他の事項(5)長期・多部位の場合の施術の場合の算定方法

ア、地方厚生(支)局長及び都道府県知事に対し、「柔道整復師の施術に係る療養費の算定基準」(昭和60年5月20日付け保発第56号別紙)の備考5.に掲げる施術(以下「長期・多部位の施術」という)の場合の定額料金を算定する旨を届けた施術所において、柔道整復師が当該施術を行った場合は、施術部位に関係なく1200円を算定し、当該施術に要する費用の範囲内に限り、これを超える金額の支払いを患者から受けることができること。

ただし、柔道整復師が扱う骨折、脱臼、打撲及び捻挫が国の公費負担医療制度の受給対象となる場合は、患者からの特別の料金の徴収については認められないものであること。

要約)長期間の施術や多くの部位の施術を行う場合、届け出をしている整骨院・接骨院は

施術に要する費用を定額に出来るが、公費負担(乳幼児や障害)医療制度の患者には

特別料金の徴収は出来ない。

当院はこの届け出をさせて頂いております。一般の算定金額と異なるのはこの為です。(定額制)

※届け出を出していない整骨院・接骨院は定率制といい負担金が大幅に変動します。

関連の留意事項の要約

イ、情報開示をしているか

ウ、柔道整復師や患者で変えない事。施術内容や部位数で変えるのは差し支えない事

エ、社会的に見て妥当な金額である事

オ、カルテの記載を必ずする事