「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

チェック結果(C)

チェック結果(C)だった方へ

健康保険というのは、主にプライベートの怪我、病気に対しての保険となります。

その他に、業務上(仕事)は労災保険、交通事故などは自賠責保険となります。

 

それぞれが単独で判断をしており、現在とても線引きが厳しくなっております。

1番多いのが、仕事とプライベートの境界の事です。

 

まずポイントとしては、痛くなった時が仕事中であれば、ほぼ健康保険は使えません。

これは、起因性の労災といい、業務の中で怪我と結びつく事を行ったとなります。

例えば、・仕事の書類を抱えた時に痛めた。・会社の階段や段差で転んだ。

 

もう1つは、遂行性の労災です。(これは難しいので少し細かく話します)

業務を遂行するというのは、継続的に同じ作業をする事、業務をする為に移動する事など

企業目標を成し遂げる為に負担をかけ、身体を壊してしまった症状が出た場合に

適用されます。

例えば、業務による腱鞘炎、通勤労災、過労死、うつ病なども遂行性の労災といえます。

 

患者さんが多くされる訴えとして「仕事で○○するから」「仕事で長く座っているから」などは

遂行性の労災と判断され、健康保険では適用が出来ません。

 

また、遂行性の労災については、労災への申告も通らない事が多く、患者さんには

自費で治療費を払って頂く場合が多くあります。

 

ご自身の痛みが、業務上(起因性、遂行性)や交通事故という事を問診票で申告するならば

健康保険適用外という事をご理解の上、お書きください。

 

保険外(自由診療)の料金

チェック結果(B)

 チェック結果(B)だった方へ

医療(保険制度)には、「重複受診」という言葉があります。

同じ症状を、同じ時期に、2つ以上の保険適用の院で診てもらう事です。

 

 整体やカイロなど民間資格の保険が使えない院で診てもらった

場合はチェックシートにお戻り下さい。

(整体、カイロなどは国家資格ではないので、保険制度では

重複受診ではありません)

 

 骨折や脱臼などは、医師の同意書がある方のみ保険の適用になります。

お持ちの方は、受付でスタッフに渡して下さい。

 

 保険制度の中で、医療機関を転院する際には、「届け出」が

必要となります。

 それは、同意書や紹介状の事になります。

病院の規模によって決定されていて、紹介状がないと負担金の

料金が高い所もあります。

 私たち、整骨院、接骨院では、医師からの紹介状、同意書が無い限り

2つの院を同時期に通われる事は出来ません。

 ※最近では、医師でも同じ症例での受診を断る場合もあります。

 

「これも同時期?」

・内科で血圧の薬のついでに、湿布をもらった。

⇒湿布を処方するのに、患部を診察している為、投薬期間と判断され、

保険外です。

 

・整形外科で注射だけ打ってもらった。

⇒痛み止めも同じように治療になります。保険外となります。

 

・以前の院の考え方は合わない感じがして・・・。

(同意書を取りに行きたいと思わない)

⇒状況はお察し致しますが、同時期という事からいうと

最後の治療から相当期間経過していないと重複受診となります。

原則的には、保険外の扱いとなります。

※現在の保険制度からいうと相当期間空いたとしても症状が同じであれば

重複受診と判断し保険適用は出来ないとされます。

(3カ月後に判明し、全額自費になったケースがございます)

 

 

保険外(自由診療)の料金

チェック結果(A)

 チェック結果が(A)だった方へ

痛み(症状)には、激痛だけではなく運動痛(動かしての痛み)も含まれます

もし、そのような症状がある場合には、お手数ですがもう1度

チェックシートにお戻り下さい。

 

 保険制度というのは、痛みや症状に対して治療を行う時に

発生する制度です。

痛みや症状がなく治療(施術)は、予防医療として扱われます。

 予防接種が保険の適用ではないように、予防という形では、

「保険外」となります。

 

例えば

「産後気になるので、骨盤矯正して欲しい」

「猫背を治したい」

「痛みはないけど、ボキボキ音がなって気になる」

などは症状というより、不安や怖さなどからの訴えですので

「予防医療」になります。

 

当院では保険適用外の場合、自由診療(自費)で対応させて

頂いております。

料金は患部数や症状によって違いますので、ご確認下さい。

 

 保険外(自由診療)の料金

 

つまだ整骨院

つまだ整骨院

「整形外科に出来ない治療を」を掲げ2006年開業

2012年現在の整骨院に移転

怪我・スポーツ障害・交通事故の急性のアプローチに強く

プロアスリートの施術や格闘技のリングドクターも務める

現在では、多くの症例を保険外での施術も行う

 

IMG_0089