症状検査と全身検査の違い

症状検査

身体に出ている症状を【氷山の一角】と捉えているのが基本の考えです

問診表に記入・入力して頂いた症状と実際の動きを診て検査(同時に施術)

症状に直接作用している筋肉や骨から診ていくことが多く

局所的な怪我や急性症状に有効なのが症状検査となります

※長期間(数か月以上)悩ましい症状は全身検査をご検討下さい

https://i0.wp.com/tsumadaseikotsuin.jp/wp-content/uploads/2022/11/img_9023.jpg?fit=295%2C300&ssl=1
患者さん

今の症状を聞いて判断するってこと?

https://i0.wp.com/tsumadaseikotsuin.jp/wp-content/uploads/2014/01/Tsumada-e1626500360248.gif?fit=180%2C180&ssl=1
つまだ院長

少し実例を交えてお話していきましょう

例えば、「脚が上がらない」と問診表に書いて頂いたとします

この時点では、太ももの筋肉が傷ついて上がらないのか、股関節の歪み(ズレ感)で上がらないのか、腰からの神経が働かなくて上がらないのか・・・等々、色々考えられます

実際に動きを診させて頂き目星をつけます

下部腰椎を少し触って、脚を上げてもらいます

https://i0.wp.com/tsumadaseikotsuin.jp/wp-content/uploads/2022/11/img_9023.jpg?fit=295%2C300&ssl=1
患者さん

あれ?上がりやすいし、痛み少なくなった・・・

この反応では、腰の神経がきちんと反応しなくて脚が上がらなくなった可能性が高いと考えます

よって、腰を含めて脚の施術が必要となります!

https://i0.wp.com/tsumadaseikotsuin.jp/wp-content/uploads/2014/01/Tsumada-e1626500360248.gif?fit=180%2C180&ssl=1
つまだ院長

この流れが症状検査です

私はテイスティング検査とも呼んでいます

薬に代表される「治療」は、何でもかんでも大量にすれば効く訳ではありません

目星をつけてしっかりと治療していくことがとても大切です

本施術の前に、座って行う【検査と同時に施術での変化を診る】これが当院のスタンダードな検査となります

症状検査は無言で行う訳ではありませんが、問診記入、入力の症状を確認しながら始まります

※ヒヤリング、カウンセリングとして対話する時間をお求めの方は全身検査を推奨します

症状検査が適切な症状

急性の怪我

・ギックリ腰 ・寝違え ・突き指 ・足首捻挫

など、いわゆる怪我と言われる症例では損傷部位と現在の症状確認が最優先

痛みが強いのに時間のかかる全身検査・カウンセリングはむしろ症状悪化につながる恐れがございます

骨格デザイン矯正

産後骨盤締める矯正や美尻矯正、小顔矯正など、痛みにフォーカスしていない症例

骨盤や小顔は写真でのデータ比較もあるので、あえて全身検査しなくても良いと考えております

※産後トラブルが多い方や他の症状が気になる方は、全身検査を必要とする場合もございます

全身検査・カウンセリング

冒頭でも記述しましたが、症状は氷山の一角という考え方を持っております

つまり、見えている所だけでなく過去の怪我や歯科分野の治療歴、ウイークポイントとなる内臓や神経の状態などをカウンセリング(対話による確認)すると

症状だけでは気づけなかった部分や直接関係ないと思われていた症状の共通点などが見つかり

施術自体の方向性がしっかりとお伝え出来るかと思います

https://i0.wp.com/tsumadaseikotsuin.jp/wp-content/uploads/2022/11/img_9023.jpg?fit=295%2C300&ssl=1
患者さん

症状検査ではダメなんですか?

ダメということではなく、特に長く悩まれている症例は「我慢」「庇い(かばい)」などを多くしており、症状が複雑化しております

その為、全身検査による全体の把握を出来たら、矯正法の様々な選択肢や改善の流れをご提案できるかと思います

怪我以外は全身検査を推奨します

全身検査を全ての対象にしない理由は、怪我などのアクシデントや骨格デザイン矯正の料金を少し下げたいと考えているからです

上記でも記述した通り、怪我の方に全身検査は苦痛になる場合があります

全身検査しないのに、同じ料金というのは倫理上少し違うと判断しました!

同じ症状で長く悩まれている場合には、ご検討頂けたらと考えております

2回目以降に全身検査をご希望の場合

【カウンセリング】という要予約(2,200円)のメニューがございます

私の力不足でもありますが、初診に症状検査+施術で経過観察をして

変化しにくい状態の場合、内臓、歯科的問題、神経系の連動などが分かる全身検査は、効果的な方向に進むことが多く推奨しております

必要に応じて全身検査(問診)だけでなく、細やかなカウンセリングが必要なことが多く、しっかりとお時間を頂くため、要予約として1枠のご予約を頂きます

※当日、施術と合わせて行う場合には、2枠分のご予約をお願いいたします

予約アカウントにはカウンセリングというメニューがございます

電話やお会計時のご予約では「次回カウンセリングと施術の予約をしたい」とお伝え頂ければ、2枠の空きがあるお時間をお伝えいたします

カウンセリングを受けた方の声

https://i0.wp.com/tsumadaseikotsuin.jp/wp-content/uploads/2022/11/img_9023.jpg?fit=295%2C300&ssl=1
患者さん

カウンセリングを受けたことで、肩こりが自律神経系や睡眠障害が関係していると分かり

整眠ヘッドスパを受けて徐々に身体が軽くなりました

40代女性 慢性的な睡眠障害のためカウンセリング希望

https://i0.wp.com/tsumadaseikotsuin.jp/wp-content/uploads/2022/11/img_9023.jpg?fit=295%2C300&ssl=1
患者さん

朝がとにかくしんどくて、頭痛も続いてたので姿勢矯正ではなく

頭痛の治療がいいかと思ってカウンセリングをお願いしました

まさか、ミネラル不足だったとは・・・

30代女性 朝のダルさや頭痛のお悩み

https://i0.wp.com/tsumadaseikotsuin.jp/wp-content/uploads/2022/11/img_9023.jpg?fit=295%2C300&ssl=1
患者さん

繰り返してしまう腰の痛みに何か原因があるのではと

カウンセリングを受けてみました

症状にはなかった箇所にウイークポイントがありその施術をしてもらったら腰の痛みが不思議となくなりました

40代 男性 ゴルフで腰を痛めやすい

NEWS

文芸社治療院特別取材班より、全国から10名に選出され

つまだ整骨院の院長が、産後骨盤のゴッドハンドとして

2023年夏にオムニバス書籍に参加し、全国書店で発売されました

最後までお読み頂きありがとうございます

キャリア23年以上、累計32万症例を診てきた治療家(2022年末)

その独自の治療法は多くのメディアや雑誌でご紹介頂き

「神の手治療院」「スーパーゴッドハンド」

「圧倒的な技術力」と各雑誌で賞賛を頂いております

【日本で唯一ここでしか受けられない特別な施術】

当ページのシステム説明は、1人の治療家が少しでも多くの方へ

施術を届ける為のシステムだとご理解のほど宜しくお願いいたします

2019年松坂大輔選手

2020年AK-69さん(アーティスト)

2021年岩田翔吉選手(現在ボクシング、アジア、東洋太平洋、日本の三冠王者)

2022年元横浜・中日の谷繫元信さん(AK-69さん武道館ライブ楽屋にて)

多くのプロアスリート、アーティストから個人依頼も多数

特別な施術「bonefit」は、世界で活躍される方々にも選ばれるようになりました

「bonefit」という独自の施術法は現段階つまだ整骨院でしか受ける事ができません

価値の高さは別として、事実として院長しかできない希少性の高い施術方法です

1人の施術家が、週6日の診療、年間のべ1万人以上(毎日約40名)を継続して対応する為には、当院のシステムへのご理解、ご協力が必須だと痛感しております

ここまでお伝えしても一読されず、システム以外のご要望をされる方には、運営上、批判を覚悟でお断りさせて頂いております。予めご了承ください


大きな地図で見る

 

関連記事

TOP